交通事故治療 名古屋

交通事故治療の予約・お問い合わせ 052-212-7812
たけし接骨院 交通事故治療専門サイト
HOME > 交通事故治療に関するQ&A
たけし接骨院のご案内
交通事故に遭ってしまいました。
何から手を付ければ良いのでしょうか?
まず、以下を行ってください。
・負傷者がいれば救護措置を行う
・警察へ通報する
・保険会社へ連絡をする
・危険防止措置をとる
・事故の状況を確認し、記録
信号待ちをしていて追突されてしまいました。
今後の治療費はどうなりますか?
このケースの場合、加害者の責任となる場合が多いと思われますので、
治療費は加害者負担となります。
基本的には治療は無料で受けることができます。
事故に遭いましたが、軽い事故だったので痛みはそれほどありません。
それでも治療にいった方がよいでしょうか?
交通事故では、数日後に痛みや症状が出るケースもあります。
万が一に備え、治療をうけられることをお勧め致します。
鍼灸治療は治療費として認められますか?
症状に有効、かつ適正な金額の範囲内であれば損害として
認められるケースが多いです。
念のため、事前に保険会社へご確認ください。
ひき逃げに遭ったのですが、
治療費は自己負担になってしまうのでしょうか?
加害者に代わり、国が損害を補てんする「政府保証事業」があります。
これは、ひき逃げ事故に遭った被害者に損害が残る場合、
国が救済措置として、法定限度額の範囲内で損害を補てんする制度です。
当て逃げをされてしまい加害者が分かりません。
それでも保険を使った施術を受けられますか?
当て逃げや無免許による自賠責非加入者が加害者の場合も大丈夫です。
国が加害者に代わって損害がてん補される「政府保証事業」に請求することで
自賠責保険と同様の保証を受けることが出来ます。
車検の切れている自動車を運転し、事故を起こしてしまいました。
当然、任意保険には加入していないのですが、
この場合、相手の治療費はどうなりますか?
国が損害を補てんする「政府保証事業」に請求することになります。
これは、ひき逃げや無保険などの理由で加害者側から
治療費の保証が受けられない場合の救済措置として、
法定限度額の範囲内で国が補てんする制度です。
現在整形外科に通院していますが、
転院するためにはどうしたらよいですか?
たけし接骨院では、整形外科から転院する方も多くいらっしゃいます。
転院するための手続きなどは全てこちらで 代行(無料)いたしますので、
安心して、御来院ください。
転院する際、手続が複雑なのではと心配しています。
たけし接骨院では、保険会社や整形外科への連絡、書類なども代行可能です。
転院をご希望の場合にも、全て無料で代行いたします。
整形外科と同期間に通院することは可能ですか?
同時期に通院することは可能ですが、同日に通院することは出来ません。
整形外科と当院を同日に通院する際は、
どちらかが自費になる可能性があります。
仕切り線
上飯田院
大須院
上飯田院
〒462-0807
愛知県名古屋市北区御成通3丁目10
サンステート上飯田 1F
TEL:052-917-6668
大須院
〒460-0011
愛知県愛知県名古屋市中区大須4丁目11−10

TEL:052-212-7812
診療時間(両院共通)
予約・お問合せ(両院共通)
052-212-7812
インターネット予約・お問合せ
※電話に出られなかった場合は折り返し致します。
※24時間受付けております。
仕切り線
copyright © 交通事故治療 名古屋 all rights reserved.